インフラ系エンジニアの年収

IT業界を目指し、勉強をしている方の中には、「IT専門職であれば、収入が上がるだろう」と思っている方もいると思います。確かに、IT専門職では専門的な知識や経験が必要となりますから、収入設定が高いところが多いですよね。「インフラ系エンジニアは、どのくらいの年収をもらっているのだろう?」と思っている方も多いでしょう。

では、インフラ系エンジニアの年収についてご紹介しましょう。IT業界というと、「収入が良い」と思っている方も多いと思いますが、同じIT業界でもどういった業界、どういった職種に就くかによっても収入は変わってきます。インフラ系エンジニアの場合には、テクニカルサポート系や運用監視などの仕事を任されている方も多いですが、こういった職種の方の年収平均は600万円程度となっています。

「やっぱり、かなり年収が高い」と思われる方も多いと思いますが、この年収はあくまでも平均となりますから、年齢によって、経験によっても大きく変わることになります。30代の方が600万円の年収をもらっているとなれば、20代になれば500万円程度になると考えた方が良いでしょう。実務経験がない方で、基本スキルがある方であれば400万円程度が年収相場となります。これでも、他の職種と比べると、やはり年収設定は高いのではないでしょうか。経験を積み、高いスキルを身に付けている方の中には、年収1,000万円以上になっている方もいますから、それぞれの目標に向かって仕事を進めることも出来るでしょう。

このように、インフラ系エンジニアは他の職種と比べると高めの設定となっています。専門職となっていますから、スキルを高めていくことで年収アップも叶えることが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です