インフラ系エンジニアに必要な資格

「今までの経験を生かし、これからはインフラ系エンジニアにチャレンジしたい」と考えている方もいると思います。そんな方の中には、「転職活動をする前に、資格を取得しておいた方が良いだろうか?」と思っている方もいるでしょう。やはり、転職となれば少しでも有利な状況を作っておきたいものですからね。

では、インフラ系エンジニアに必要な資格についてご紹介しましょう。まず、インフラ系エンジニアの技術として必要なのは、Linux。そのため、Linuxの認定資格などを取得していれば、転職時には有利に働くでしょう。Linuxには、LPIC認定制度があり、多くのエンジニアがチャレンジしている資格となっています。また、ネットワーク機器に関するスタンダード的存在となっているciscoの技術者認定資格なども取得していると良いですよ。二つの資格を取得していれば、転職時には引く手あまたの状態となり、より条件の良い転職を叶えられるでしょう。「自分の現在のレベルを再確認したい」と考えている方は、Lineuxの様々な分野の認定資格にチャレンジしてみるのもおすすめ。サーバー、ネット構築、運用、トラブル対応、プログラマー、オープンソース系といった幅広い知識があれば、インフラ系エンジニアになった時様々なトラブル時でも臨機応変に対応することが出来るでしょう。

このように、インフラ系エンジニアへ転身する際には資格取得をしていると有利となります。資格にチャレンジすることで、自分の現在のスキルを再確認することも出来ますし、資格取得が出来れば仕事への自信にも繋がりますから、今後のためにも資格取得にチャレンジするのはプラスとなるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です